Month: 2月 2018

原則として課税対象となる財産

相続税の計算で課税対象となる財産には、現預金や不動産(借地権などの権利を含む)、貴金属や骨董品といった物のほかに、貸付金や著作権などの権利も含まれます。簡単に言えば、お金に換算できるものは課税対象になると考えると間違いな…

対象となる土地や適用条件は

相続税の対策として小規模宅地等の特例が適用できるかというのは、確認しておく必要があります。小規模宅地等の特例は、相続した住宅などの土地の評価額を一定の面積まで50あるいは80パーセント減額できる規定です。減額できる限度が…

元本を減らしたくないなら預金商品を選ぶ

銀行で投資できる商品として普通預金や定期預金、その他投資信託などもあります。証券会社では株式や債券、そして銀行同様に投資信託も買えます。iDeCoでは、色々な投資商品に投資ができますが、多くは元本保証されていない商品にな…

高校で学ぶカリキュラム以外も学べる

通信制高校にはいろいろなタイプがあります。公立だとまさに高校で学ぶカリキュラムしかありません。テキストも一般的なテキストで、あまりサポートも強力でないところが多いとされます。私立に関しては非常に幅広くて、公立に近いところ…

研究するために学ぶのか将来の仕事のために学ぶのか

高校では、全国的にほぼ同じようなカリキュラムが組まれています。学校のレベルで授業の進み具合は異なりますが、5教科を中心にした学習ができるようになっています。そしてその次に大学に進学するとき、大学選びや学部、学科選びが大事…

相続時精算課税制度を取るか取らないか

親から資産の移転が生じる時として、相続と贈与があります。同じ移転ですが、それぞれでかかる税金が異なります。制度自体も異なるので、仕組みを把握しておかないと思わぬ税負担が生じます。逆にうまく利用すると節税できるときもありま…

小規模宅地の改正について

2018年4月から小規模宅地の特例の適用条件が改正されます。では、親が自宅を所有していて、その親が亡くなった場合、相続税の負担はどうなるのでしょうか。具体的な改正内容を紹介します。小規模宅地の改正とは?親が生前に住んでい…

相続を争続にする悲しさ

誰かが亡くなると必ずと言っていいほど残された人達は亡くなった人の財産を相続します。相続人が妻と息子二人だけだから争うことはないだろうと思い遺産争いなどはないと思う人もいるかもしれませんが、それは妻とまだ幼い子供だったらの…

借金にも時効が存在する

一度お金を借入したら返すまで一生債務が残るわけではなく、借金にも時効があって要件を満たせば借金を消滅します。時効といっても公訴時効とは違うので、債務に関する時効の要件を満たさなくてはいけません。借金の時効の期間は個人相手…

© 2018 Finance Fundamentals