投資の方法の一つに証拠金取引があります。通所の投資は、実際に資産を購入するためのお金を用意します。100万円分の投資をするなら100万円を用意しないといけません。証拠金取引ではその必要がありません。一定の額に対して決められた証拠金を用意すれば、資産を購入したり売却したりした状態を作れます。よく知られているのは外国為替を使ったものでFXと言われています。最近よく知られるようになった仮想通貨においても、外国為替と同じような取引ができるようになり、仮想通貨のFX取引といわれています。仕組みは基本的に同じで、あらかじめ所定の証拠金を入れておきます。レバレッジを設定しておけば、その倍率に応じた取引が可能です。25倍であれば、4万円分の資産しかないのに100万円分の投資が可能になります。仮想通貨は変動が激しいので、外国為替よりも儲けやすいとされます。

上っているときも下がっているときも儲けられる

通常の投資は、まず投資資産を購入します。できるだけ安く購入するようにし、それをできるだけ高く売却します。すると売買益が出ても受けられます。この投資を成功させるには、その投資資産の相場が上昇するものでないといけません。下がっている資産だと損をする可能性が出てきます。仮想通貨で投資をしようとするとき、将来の値上がりに期待する人もいます。ただ、大きく下落もするので、その時にも儲けられたらと思っている人は多いです。そこで行いたいのが仮想通貨のFX取引です。証拠金を利用する取引になりますが、買いからだけでなく売りからも取引ができます。高いと思ったときに先に売ります。そして下がってきたときに買い戻します。すると安く買って高く売るとなり利益が得られます。

ビットコインでFXができるサービスがあります。仮想通貨を利用して、為替で利益を上げることができます。様々なサービスを受けられるビットコインを増やすことができますが、リスクもありますので注意が必要です。