相続税の対策として小規模宅地等の特例が適用できるかというのは、確認しておく必要があります。小規模宅地等の特例は、相続した住宅などの土地の評価額を一定の面積まで50あるいは80パーセント減額できる規定です。減額できる限度が面積ベースのため、地価の高い土地ほど減額できる金額が大きくなりますよ。対象となるのは、原則として、故人の居住用または事業用の土地、そして賃貸用として、故人が有償で貸し付けていた土地やアパート等になりますが、控除には一定の要件が定められています。通常の住宅の場合は知っているという人も多いですが、もし住んでいる家が二世帯住宅の場合にはどうなるか知っているでしょうか。二世帯住宅の場合には、相続する人が同居家族なのかそれとも別居家族なのかにより変わってくるので気を付けましょう。

登記の取り扱いを知っておこう

二世帯住宅を建築する際に子供が資金を負担することもありますよね。その後、建物を親子で区分所有登記しているのなら注意が必要ですよ。その場合、子の所有建物部分の土地は同居要件が満たされないことになります。つまり、特例が適用されなくなりますので気を付けましょう。この小規模宅地等の特例を最大限活用したいのであれば、親子の区分所有登記ではなく、共有登記にする必要がありますよ。また、この特例を受けるためには、申告期限までに申告書を税務署に提出しなければならず、仮に遺産分割協議がまとまっていない土地に該当すると特例が受けられないので注意が必要ですよ。

相続税の相談を横浜で行う際には、初回相談が無料の税理士事務所を選ぶことで、利用する際の敷居が低くなります。