誰かが亡くなると必ずと言っていいほど残された人達は亡くなった人の財産を相続します。相続人が妻と息子二人だけだから争うことはないだろうと思い遺産争いなどはないと思う人もいるかもしれませんが、それは妻とまだ幼い子供だったらの話でしょう。息子が成人し結婚もしていれば、息子に争う意志がなくても息子の嫁が養育費欲しさに相続財産を狙っているということも十分にありえます。家計が苦しい中無条件でお金を手に入れることができる機会があれば当然のことかもしれません。しかし、そのお金や財産の欲しさというのが時に相続を争続としてしまうのです。そして残された家族が財産を巡って争い、それによって家族関係が悪くなるというのは意外にも起こりうることなのです。家族のためにと残した財産で家族の関係が悪くなるのは、残した方としても悲しい気持ちになってしまいます。

争続にならないためには

相続を争続にしないためには、遺言書を生前に書いておくことが大切です。遺言書に書かれている財産分与、処分の方法は法的に有効となります。遺言書を書く方法として、家族には知られずに遺言書を書いて自分の意志通りの財産分与をさせるという手段もあるでしょう。しかし、その財産分与が相続人の思う財産分与でなければ、遺言書の効力に納得するもののしこりを残すということにもなりかねません。これを避けるために生前に親族が集まる機会に財産分与について話してみる等をして、自分の思いを伝えた上で遺言書を書くのがベストといえるでしょう。自身の財産分与で親族の仲が悪くならないためにも、気持ちを伝えた上での遺言書作成を考えてみてはいかがでしょうか?

一般の人が相続税の申告で提出する書類としては、基本的に遺言書の写しや相続人の印鑑証明書などの書類が必要になります。