一度お金を借入したら返すまで一生債務が残るわけではなく、借金にも時効があって要件を満たせば借金を消滅します。時効といっても公訴時効とは違うので、債務に関する時効の要件を満たさなくてはいけません。借金の時効の期間は個人相手に借りた場合は10年で金融機関などの法人から借りた場合は5年になります。お金を借りる契約をした日から5年または10年ではなく、一度でも返済をしている場合は最後に返済した日から計算する事になります。借金の時効は借りた側が一方的に払わなければ勝手に進んでしまうものではなく、時効を中断させる方法がいくつかあります。訴状の提出や支払いを催促したり、調停の申し立てなどで請求をする事で時効が中断します。時効の期間が満了した後でも債務の承認をした場合は時効までの期間が振り出し戻ります。

期間満了後に時効援用が必要

借金の時効は途中で中断されずに期間満了を迎えても成立するわけではなく、期間満了後に債務者側が債権者に時効の要件を満たした事で支払い義務が消滅していると意思表示して初めて時効が成立します。これを時効の援用と言いますが、時効の援用をする時は電話や手紙を送っただけでは後になって債務者と債権者の間で通知をされたかどうかでトラブルになる可能性があります。トラブルを避けるために時効の援用をする時の通知は送った事を証明できる内容証明で郵送する方法が一般的です。通知する作業は本人だけで行う義務がある訳ではないので、司法書士や弁護士などの専門家に相談するのも一つの方法です。

借金には時効があり、時効が完成すると借金を返済する必要がなくなります。借金を帳消しにするために、この制度を利用する意思を債権者に伝えることを、時効援用と言います。