個人型確定拠出年金の特徴

個人型確定拠出年金と言いますのは、確定拠出年金の個人版と言うことができます。 確定拠出年金に関しては、日本国内では2001年に取り入れられたもので、会社組織、あるいは加入者が一カ月ごとに一定額の掛金を支出して、 自分自身で運用し、老後に年金という形で享受できるものです。 企業型にあたっては勤める会社組織が掛金の額を取り決めて、一カ月ごとに拠出します。 個人型につきましては、掛金は1ヶ月5000円以上1000円刻みで決定することができます。 職種によりまして上限額が違ってくるので気を付けなければなりません。 さらに、掛金額の変更は4月から翌年3月のうち一回しかできないことにも注意を向けないとなりません。

個人型確定拠出年金の税制面について

個人型確定拠出年金においては、積立時、そして運用時さらに受取時に税制上の優遇が受けられますので有利になっています。 積立時点では、積立金の全額の所得控除それから、運用時点では運用益そのものが非課税になり、さらに受取時点では公的年金等控除若しくは退職所得控除の対象となってきます。 それから、個人型におきましては、自分自身で金融機関を取り決めて、運用商品を決定することができます。 しかしながら、運用結果によりましては、考えていた通りの金額にならないケースもあります。運用に関しての広い範囲の知識を持つことが必要不可欠になります。 個人型確定拠出年金を賢明に活用すれば、老後の日々の生活に対しての不安感を減らしていけます。

個人型確定拠出年金とは、毎月積み立てる掛金を自分で決めることができ、それを原則60歳以降になった時に年金や一時金として受け取ることができるものです。