社会保険労務士の役割と仕事内容

会社が健全に経営していくために欠かせない存在である「社会保険労務士」は、一体どのような役割を果たしているのでしょうか。そもそも社会保険労務士は国家資格の1つです。誰でも簡単に取れてしまう資格ではなく、一定の能力と責任が求められます。

社会保険労務士の役割は、会社の労務や社会保険、年金等の管理を行うことです。その仕事内容は、本当にたくさんあります。まず、社員が入社すると雇用保険や健康保険の手続きを行いますが、これは社会保険労務士の仕事です。厚生年金も該当します。また社員が退社する時も手続きが必要となりますが、この時も同様です。その他、健康保険証の手続きや、社員の勤怠管理、給与計算、万が一社員が怪我を負った時の労災の届出なども、大切な仕事の1つです。さらに、傷病手当金や出産一時金、社員が結婚した時の扶養家族の手続きも、社会保険労務士が行う業務となっています。

社会保険労務士の働き方について

社会保険労務士の働き方は、企業に入社して社労士の業務を全うする方法と、社会保険労務士事務所に入社したり、または独立開業して働く方法に大別できます。一般的にたくさんの従業員を抱えている大企業の場合は、社会保険労務士を社員として採用しているケースが多いようです。大企業は社労士の業務量も非常に多くなるため、外部委託するよりも、直接雇ってしまった方がメリットが大きいです。また、社会保険労務士事務所で働く場合は、企業にとってコンサルタントとしての役割を担うケースも多いようです。

社会保険労務士の就業規則作成は、社会保険労務士の業務の一つです。就業規則とは、社内で守るべきルールをまとめたもので、労働基準法に基づいて作成した上で労働基準監督署へ提出することが義務付けられています。